劇場に行ったら立ち寄りたい店 なんばグランド花月篇

今回のお料理対決

鯖のきずしと炙りきずしの2種盛り

鯖のきずしと炙りきずしの2種盛り

鯖のきずしのひと味違う魅力が楽しめる炙りきずし! 定番人気の鯖のきずしと、表面を軽く炙ることで香ばしくなったきずしが味わえる盛り合わせ。日本酒のお供に!(714円)

自家製おからコロッケ

自家製おからコロッケ

手間暇かけて作られたホクホクのおからコロッケ! ひとつずつ手作りするおからコロッケは和風ダシで。サクッと軽い歯ざわりの外側と、ふわふわとろ~りのおからがクセになる。(504円)

 
今回は"なんばグランド花月"の近くの「うまいもの工房 地酒と地魚の居酒屋 羅漢」にクロスバー直撃がお邪魔しました。
――今回のお店は、地魚と地酒が評判のお店です。
前野:
毎日横を通るので気になってたんですが、店の前に生け簀があるから敷居の高い店と思っていました。
でもこの店のダシ巻きは、調べてみたところ税別500円を切ってて、すごく良心的!
過去に50個ぐらい飲食店でバイトしてきた僕だからわかるんですが、ダシ巻きの値段でだいたいどういうお店かわかるんです。
渡邊:
バイト癖がすごいな。
――(笑)。豆知識をありがとうございます! では、さっそくお料理の注文を。
前野:
僕は「自家製おからコロッケ」で。ひとり暮らしをしてると、おからって食べる機会がないでしょ?
でも、身体にいいしね。
渡邊:
僕はお魚が好きなので「鯖のきずしと炙りきずしの2種盛り」にします!
クロスバー直撃
クロスバー直撃
――ではさっそく、味わってみてください。
前野:
いただきまーす。……おからがまるでマッシュポテトみたいにホクホクでうまい!!
揚げ物やのにヘルシーなのもいいですね。
渡邊:
このきずしも負けてないですよ! 特に炙りきずしは風味が増して、鯖のおいしさが引き立ってます。
前野:
味見させて~! ホンマや、炙ってるやつは脂の旨みが増してる!
渡邊:
デリシャスボンバーですよ!!
前野:
久しぶりに出ましたね、デリシャスボンバー。
渡邊:
おからコロッケもいただきます。……お、おいしっ!! おからって、揚げるとこんなに旨みがギュッと出るんですね。
――では最後に、次にこの店に訪れたとき、最初にどちらを頼みたいですか?
前野:
間違いなく、おからコロッケでしょう! 揚げ物なのにあっさり、フワフワ感もカリッと感もあるし、女性も喜びそう。
渡邊:
確かにおからコロッケはおいしかった。でもお酒が好きな人は、まず鯖のきずしですよ!
舌にばっちりインパクトを与えて、そこから熱燗をキューッと……至福のひとときです。

WEB限定独占インタビュー

――普段、よく一緒にご飯を食べる芸人さんは?
前野:
僕はスマイルのウーイェイよしたかさんです。よしたかさんは、恋人か? と思うぐらい電話がかかってきますね。
先日、よしたかさんが『R-1ぐらんぷり2013』の予選に出るというので、「ネタに使う小道具が作れないから替わりに作ってくれ」と相談されまして、その見返りが夕食10回分。
否が応でもよしたかさんとご飯を食べに行く機会が増えてます。
あとはタナからイケダ・田邊、GAG少年楽団・宮戸、ビーフケーキ・近藤、シチガツ・畠山。
このメンバーは、僕を褒めちぎってくれるので、誰よりもおいしい酒が飲めます。おだて上手4人組ですね。
渡邊:
近藤の明るいとこなんて見たことないわ~。
前野:
クールではなく、人見知りなだけやねん。2人きりになると5皮ぐらい皮がむけてめちゃくちゃ明るくなりますよ。
――知られざる素顔ですね! では、渡邊さんは?
渡邊:
僕はたむらけんじさんが多いです。毎回、いろんなお店に連れてっていただいてます。
たむけんさんは魚が好きなんですが、先日、まだ足が動いている状態のイカの刺身をいただいて驚きました! 贅沢でしょ~。
――たむらけんじさんはさすがグルメですね!
では、なにを食べたときに「やっとここまで来れたな!」と感じましたか?
前野:
「カレーハウス coco壱番屋」で躊躇なくトッピングを6個したときです。ウインナー、エビフライ、チキンカツ、玉子、ほうれん草、牛すじ。
本当に、こうも素材同士がぶつかり合うものかというほど、味が大ゲンカしていましたけどね(笑)。
いずれは全トッピング制覇したいです。
渡邊:
僕は、「ロッテリア」で絶品チーズバーガーを食べたときですね。
やっぱりあのスペシャル感があるバンズにチーズは、タレント力が上がってきているな、と感じさせてくれます。
あれは4年前。ポンとお金が入りましたので、そのお金でいただきました。
――では、今ハマッている食べ物はなんでしょう?
前野:
「ファミリーマート」のファミチキプレミアムのサイです。ブロック状のやつですね。福岡に行った時、アイロンヘッド・辻井ちゃんとたまたま食べたんですけど、あまりにも旨すぎて、福岡から新大阪までの新幹線の中で笑いが止まりませんでした。でも、やっぱり人気なのか売り切れになっていることが多くて、なかなか出会えないんです。
渡邊:
僕はたむけんさんの影響で、お魚です! とくにノドクロの煮つけ。高級魚なので、ノドクロを食べに行けるぐらいのマネーを稼ぎたいものです。
前野:
腹黒い奴がノドクロをね……。
渡邊:
誰が腹黒やねん!
――では最後に、食べ物にまつわるエピソードを教えてください。
前野:
あれはバブルが弾けた頃でした。うちの親父は不動産屋だったので、バブルが弾けたとたん、その反動でものすごく貧しくなりました。夕食がキュウリ1本だけのときも……。
そんなとき、親父が「いいことを思いついた」と、3日3晩、割り箸を煮込み始めたんです。割り箸でメンマを作ろうとしていたんですね。
しかし、当たり前ですが煮込んでも煮込んでも、メンマになるわけがありません。しかし親父は、割り箸はメンマになると本気で信じていたんです。醤油を入れて、絶妙の味付けで。
僕はそれを見て、半ば呆れながら思いました。「もっと、ちゃんとした圧力釜で炊かんと!」……。
僕も20歳を過ぎるまで、メンマは割り箸を柔らかく煮込んでできるものだとばかり思ってたんですよ。あれ、タケノコなんですよねぇ。素材から違うという話でね……。
――辛い時代を思い出させてしまいました。では、渡邊さんは?
渡邊:
僕がアルバイトをさせてもらっていた心斎橋の「とろや にくまきおにぎり」が、2013年2月16日をもって閉店することが決まりまして……。
大阪に、肉巻きおにぎりを広めたお店がなくなってしまうのはさみしいですね。
前野:
ただ、あの店でおいしいのは肉巻きより手羽先やったな。
渡邊:
肉巻きを超えてしまってるやん!
肉巻きおにぎりはもちろん、サイドメニューもおいしいものばかりだったんですよ。
肉と社長に巻かれていたぬくもり、僕は一生忘れません。肉巻きフォーエバーです!!
クロスバー直撃 前野悠介

クロスバー直撃 渡邊孝平

クロスバー直撃
うまいもの工房 地酒と地魚の居酒屋 羅漢
なんばグランド花月より徒歩1分

うまいもの工房 地酒と地魚の居酒屋
羅漢

(ウマイモノコウボウ ジザケトジザカナノイザカヤ ラカン)

劇場帰りに立ち寄りやすい、なんばグランド花月の南隣。素材にこだわった料理に加え、店長が目利きした珍しい地酒の数々もぜひお試しを!

お店の詳細情報を見る
ケータイでお店の情報をチェック!!
住 所:
大阪府大阪市中央区難波千日前10-14
営業時間:
17:00~23:30(LO 23:00)、金・土は~翌1:00(LO 24:30)/年中無休(12/31~1/3はお休み)
電話番号:
06-6634-6552