劇場に行ったら立ち寄りたい店 なんばグランド花月篇

今回のお料理対決

大衆屋サラダ

大衆屋サラダ

和ソバとサラダの不思議なハーモニー! オリジナルの人気メニュー。水菜、大根など歯ざわりが楽しい野菜の下に、和ソバが。温泉卵と混ぜて食べるとまろやかに!(735円)

地鶏鉄板うどん入り

地鶏鉄板うどん入り

三種の地鶏肉の旨みが絶品! 淡路鶏、近江鶏、瀬戸赤鶏の3種の地鶏肉を使用。うどんが鶏肉の旨みを吸い込んで、やみつきになるおいしさ。(893円)

 
今回は"なんばグランド花月"の近くの「大衆屋 千日前店」に天竺鼠がお邪魔しました。
――今回は、5upよしもとの目の前にある「大衆屋千日前店」さんです!
瀬下:
このお店、打ち上げで何度かお世話になったことがありますね~。
――おなじみのお店でしたか! では料理を選んでいただきます。
瀬下:
僕は今、ダイエット中なんで「大衆屋サラダ」でお願いします。
川原:
僕は「地鶏鉄板うどん入り」にしよかな。
――対照的なメニューになりましたね。ではさっそく味見をどうぞ!
瀬下:
あれ? このサラダ、ソバが入ってる!! あっ、温泉卵も!
ダイエット中はこういうメニュー、ありがたいですね。ソバってカロリーが低いんですよ。
それに、鶏のササミもヘルシー。水菜、大根が入っていて、食感、食べ応え、ボリュームも完璧です!
――大絶賛ですね! 川原さん、「地鶏鉄板うどん入り」のお味は?
川原:
これはうまいですよ! 100点満点で、72013点ですね!!
瀬下:
下ふたケタ、どうでもええやろ!
天竺鼠
天竺鼠
――(笑)。瀬下さんもぜひ味見してみてください。
瀬下:
うん、鶏肉の味がしっかりしてる。噛めば噛むほど味が出てきます。
噛むことで満腹中枢が刺激されていいですね。それに、塩味のうどんが食欲をますます誘います。
川原:
僕もサラダを味見しました。水菜の、シャキシャキした歯ざわりがクセになります。
――では、またこのお店に来たとき、まず一品目に頼みたいのは?
瀬下:
僕は、最初に頼みたいのは「大衆屋サラダ」。
やっぱり居酒屋ですから、初めにあっさりしたものをお腹に入れて、それからガッツリ食べて飲んで、と。
川原:
僕は「地鶏鉄板うどん入り」です。サラダは優しい味ですから、まず胃袋の中にガツンと鶏肉を入れて、その上にお布団をかけるようにサラダをいただきたいですね。そうすれば、胃袋にも優しいのではないでしょうか。
瀬下:
胃の話をするとは思わんかった(笑)。

WEB限定独占インタビュー

――よく一緒にごはんを食べに行く芸人さんは?
瀬下:
僕はモンスターエンジンの大林さんですね。
川原:
僕は千鳥の大悟さんです。
――どんなところに食べに行くことが多いですか?
瀬下:
その日によって変わるんですけど、歩いていてうまそうな店を見つけたらフラッと入ったり。
最後は外国人がいっぱいおるバーでシメるのがおなじみです。そのバーで、テキーラとかいっぱい飲んで終わるんですけども。
大林さんと飲んでるとき、よくTwitterでそのことをつぶやくんですが、一緒にいすぎて、一時期ホモ説が流れていました……。
川原:
僕らもおいしいところたくさん行くんですけど、大悟さんはあんまり食べないんですよ。小鉢料理とお酒でお腹パンパンになりはるんです。
それに僕ら、坊主同士やからよく「似てる」って言われるんです。飲んでるときはお酒の力もあると思うんですけど、後半はお互いどっちがどっちかわからなくなって、ごっちゃになるんです。
瀬下:
そんなことないやろ!
――そんなことになるなんて……(笑)。では、何を食べたとき「やっとここまで来れたか!」と感じましたか?
瀬下:
僕は、法善寺にある、市川海老蔵さん行きつけの寿司屋に嫁とふたりで行ったときです。値段も書いてないんですよ。ビクビクしながらふたりで食べて、全然、味おぼえてないんですよ(笑)。気が気じゃない。
身分相応になって行かないと、緊張して味もわからないものですね。そんなところに行っても緊張しないような自分になるように、がんばらなあかんなぁと思いました。
――ちなみにお値段はいかほど……
瀬下:
ふたりで5万円でした。実はこれ、自分の稼いだ金で……みたいに話してますけど、その日、嫁が初めて行ったパチンコで12万円勝ちまして、そのお金で食べに行ったんですけど。僕なんて、まだまだ小さい男ですわ!
――そんなさみしいこと言わないでください(笑)。
川原:
僕は先輩に食べて連れて行ってもらうばっかりで、後輩にごちそうするほどまだ稼げてないんですが、今でも濡れティッシュを食べてますよ。
でも最近は、高級ティッシュにも手を出すようになりました。そして昔は水で濡らしてたんですが、最近ではとき卵でいただいています。
瀬下:
すき焼き風に食べてるやん!
――やっぱり高級ティッシュは舌触りが違うんですか?
瀬下:
話、ふくらまさんでいいですよ!
――すいません(笑)。では、最近ハマっている食べ物は?
瀬下:
僕、市場でずっと働いてたので、旬の魚をよく知ってるんですけど、夏の季節は初ガツオの季節で、ホンマにうまいですよ。
僕、鹿児島出身で、鹿児島ってカツオが全国で獲れ高1位やから、昔は当たり前のようにカツオのたたきばっかり食べてて、それこそイヤになるぐらい食べてたから、全然価値がわからなかったんです。
それが大阪に来てから、あの時に食べてたカツオのたたきは、やっぱりものすごいうまかったんやな、と改めて見直してまして。さらにカツオのたたきのルーツまで勉強しました(笑)。
――近くにありすぎると魅力に気づけないものなんですねぇ。では川原さんは?
川原:
僕は、さかむけの皮をしがむことです。大人になると、子供の頃より渋いものが好きになるじゃないですか。
子供の頃は、何も考えずしがんでいましたが、大人になって改めて「ええもんやな」と感じました。
瀬下:
話の流れは俺と一緒や(笑)。
――では、最後の質問です。食べ物にまつわる思い出深い話を教えてください!
瀬下:
息子が3歳のとき、「ちょっと贅沢かな」と思いながらも、初めてカウンター席だけの寿司屋に連れて行きました。
やっぱり子供の頃からええもんを知っておくのはいいことかなぁと思ってたんですが、店に着いたら、息子が「寿司が回ってない! なんで回れへんの~!」ってものっすごい大泣きしましてですね(笑)、すぐ店から出る、ということがありました。 僕は子供の頃にええ寿司屋に連れて行ってもらったことがなかったから、「ええ寿司を息子に食べさせてやりたい」という一心でしたが、全然伝わりませんでしたね(笑)。
――なんともほほえましいエピソードですね(笑)。
川原:
僕は、ひとつのことにしか集中できないですから、ごはん食べながら漫画読んでる人とか「すごいな」と思ってるんです。
ラーメンを食べに行ったとき、「僕もあれ、試してみよう」と思って挑戦したら、いつのまにかごっちゃになって、漫画を食べてラーメンを見てましたね。
瀬下:
間違うか(笑)。ひとくち目で気付けや!
天竺鼠 瀬下修二

天竺鼠 川原和也

天竺鼠
大衆屋 千日前店
なんばグランド花月から徒歩1分

大衆屋 千日前店

(タイシュウヤ センニチマエテン)

ほっこり懐かしい気持ちになる、町屋風のレトロな居酒屋。間仕切りがあり、個室のようにくつろげるのも人気の秘密。

お店の詳細情報を見る
ケータイでお店の情報をチェック!!
住 所:
大阪府大阪市中央区難波千日前13-17
営業時間:
17:00~翌03:00(L.O. 翌02:30)/無休
電話番号:
050-5799-1704