劇場に行ったら立ち寄りたい店 なんばグランド花月篇

今回のお料理対決

おまかせ五種造り盛り

おまかせ五種造り盛り

旬の魚が勢ぞろい! とれぴち造りの贅沢盛り!! 三重の鯛、鹿児島のバチマグロなど、その日仕入れた旬の魚を贅沢な盛り合わせで。現在、期限なしでサービス価格の980円!

漁師焼き盛合せ

漁師焼き盛合せ

活きのいい魚介類を漁師気分で豪快に! グリルサザエやアワビ、大海老など7種類の海鮮と野菜を、テーブルで焼きながらいただく豪快メニュー。単品で追加も可能(380円~)。
2080円

 
今回は"なんばグランド花月"の近くの「大阪難波海鮮居酒屋(水産会社直営) ひろの一本釣り」にスーパーマラドーナがお邪魔しました。
――こちらのお店は水産会社直営なので、新鮮な旬の魚介類がリーズナブルに楽しめるんですよ。
田中:
入口にでっかい生簀があって、釣りもできるって書いてありましたね。
武智:
みんなでやったら盛り上がりそうや!
――では、本日の対決料理を選んでください。
武智:
僕はこの「漁師焼き盛合せ」にします。
田中:
じゃあ僕は、「おまかせ五種造り盛り」で。どっちも新鮮さが勝負のメニューになりましたね。
スーパーマラドーナ
スーパーマラドーナ
――了解です。ではさっそくお料理をどうぞ!
武智:
(アワビを網に乗せ)うわっ、まだ生きてる!
――焼き上がりに、こちらの貝汁をたらすと、さらに香ばしくなるそうです。
武智:
(舐めてみて)醤油ベースのやさしい味わい。これが貝そのものの水分と混じって、さらにおいしさを増すんですね。
田中:
わー、このカンパチおいしい! 実は初めて食べたんですけど、脂っこくなくて食べやすいです。
武智:
こっちは焼けるまで時間かかりそうやから、先にお造り食べさせて(無理矢理奪う)。
このヒラメ、普通より分厚めに切ってあって歯ごたえが違う! 贅沢やなー。
田中:
……そろそろアワビ、焼けてきましたよ。
武智:
う〜ん、ウマい!! 潮の香りが口に広がる! サザエも焼けたから、田中も食べてみろ!
田中:
おいしい……。殻の中にたまったダシも、貝汁と相まって味わい深いです。
武智:
こんな贅沢したら、舞台でスベってしまいそうや……ハングリー感なくなってしまうわ。
――では、次に来たら、どちらを注文したいですか?
武智:
お造りかなぁ。あとはその日の気分に合わせて、漁師焼きを加える、と。
田中:
僕は漁師焼きです。女性と来たとき上手に焼いてあげたら、男っぽさをアピールできそうなんで。
武智:
お前はまず女性と来られへんやろ!

WEB限定独占インタビュー

――よく一緒にご飯を食べに行く芸人さんは誰ですか?
武智:
陣内(智則)さん、(シャンプーハット・)小出水さん、(月亭)八光さん、笑い飯さん、千鳥さん……考えてみると、先輩方ばっかり。よく誘っていただいてます。
5up(よしもと)のメンバーなら、モンスターエンジンの西森とかクロスバー直撃・渡邊、和牛・水田、藤崎マーケット・トキあたりかな。ライブ終わりにちょくちょく行ってますね。
田中:
僕の場合は、先輩はまったくないです。笑い飯の哲夫さんだけが誘ってくれはるんですが……。
武智:
いや、哲夫さんも、当てが外れて仕方なく誘ってるだけやと思うで。
田中:
え、あれも違ったんですか……(肩を落とす)。
でも、後輩ならいますよ! 学天即・四条、ソーセージ・藤本と一緒に、よくご飯を食べに行ってます。
――なんか、やさしそうな顔ぶれですね。
武智:
安全そうなメンバーでしょ。大学生の帰り道みたいや(笑)。
――後輩のみなさんには、どんなものをご馳走されるんですか?
武智:
ちょっとオシャレなもつ鍋屋が最近の定番ですね。もつ鍋はリーズナブルでいて、がっつり感もあるから喜ばれます。
でも、5upメンバーはほとんどが後輩なんで、一緒に飯行ってたら、マジで金なくなります……前に、2日で8万ぐらいなくなったことありましたから。
――田中さんは後輩におごるとしたらどんな食べ物を?
田中:
びっくりドンキーです。
武智:
ケチなんですよ、こいつ!
田中:
それか回転寿司です(笑)。僕、お酒があまり好きじゃないんで、普通のご飯しか一緒に行かないんですよね。
朝まで飲む、とかじゃなく、ちょっとしゃべって帰れるところがいいんです。
武智:
貯め込んでるんですよ。
田中:
はい(笑)。
――では、次の質問です。最近、ハマっている食べ物はありますか?
武智:
前までは肉派やったんですけど、もう33歳と年を取ったせいか、魚のおいしさがわかってきましたね。
ホタルイカの沖漬けなんかたまりません。
――やっぱり、お酒のおつまみっぽいものがお好きなんですね。
武智:
最近は、こってりボリューム勝負って感じではなくなりました。飲みながらちょっと食べる、というメニューが好みになってきた気がします。
田中:
僕は柚子アイスにハマってます。おかんが冷凍庫にいっぱい買いこんでて、どんなんやろと思って食べたらウマかった。基本的には、甘いもの好きじゃないんですけど……お風呂上がりにそれ食べるのが、今いちばんの楽しみです。
――おふたりとも、家で食事をされるんですか?
田中:
レトルトばっかりですけどね。実家やから、家にご飯だけはあるんで……。
武智:
うちは奥さんが毎日作ってくれますから。めちゃめちゃ料理上手いんです!
田中:
うらやましい……。でも、出されたら残さず食べんとダメでしょ。プレッシャーじゃないですか?
武智:
うちは残しても、怒られへんで。ただ、必ず食べるようにはしてます。
晩ご飯の時間には帰れないんで、冷蔵庫に入れておいてくれるんですよ。だから翌日の昼ごはんにしたりとか。
さすがに置きっぱなしにして腐らせるのはNG。作ってくれなくなったら困るから。
――では、何を食べたときに「やっとここまで来れた!」と思いましたか?
武智:
この前、八光さんから誘っていただいて、今田耕司さんとご一緒したとき、ものすごい焼き肉を食べさせてもらったんですよ。
なんて言ったらいいのか……すごかったです(笑)。赤味と霜降りが適度なバランスで、しつこくないのにジューシー。
あれ食べたときは、ついに来たな、という感じがしましたね。
田中:
僕は正直、先輩に誘われるだけでうれしいんですけど……。
武智:
先輩に誘われただけで「芸人としてここまで来たな」と思うんか!?
田中:
はい。ラーメンでも居酒屋でも。
あ、祇園花月の出番があったとき、小籔(千豊)さんにコンビ揃ってお寿司をご馳走になったのは感動しましたよね。
武智:
あそこで松茸の土瓶蒸しを食べたときも「来たなー!」と思ったわ。
次のステップとしては、自腹で行けるようにならないとダメですね。頑張ります。
――では最後に、食べ物にまつわるエピソードを教えてください!
田中:
僕は田舎が兵庫県の海の近くで、帰ると必ずカニが出るんですよ。
だから普通に食べてたんですけど、大人になって自分で食べようと思ったらめっちゃ高かった……。
武智:
なんのエピソードやねん!
田中:
だって、カニみそなんてタッパーに入って山ほどあったのに、大人になって寿司屋に行ったら1皿350円とか……ビックリしません?
武智:
だからどこがオチやねん!
田中:
はい……すいませんでした……。
スーパーマラドーナ 武智正剛

スーパーマラドーナ 田中一彦

スーパーマラドーナ
大阪難波海鮮居酒屋(水産会社直営)ひろの一本釣り
なんばグランド花月から徒歩5分

大阪難波海鮮居酒屋
(水産会社直営)ひろの一本釣り

(オオサカナンバカイセンイザカヤ スイサンカイシャチョクエイ ヒロノイッポンヅリ)

季節に応じて全国各地から仕入れる、新鮮な海の幸が自慢の居酒屋。男性1000円で楽しめる釣り堀コーナーも人気(調理代別途800円)

お店の詳細情報を見る
ケータイでお店の情報をチェック!!
住 所:
大阪府大阪市中央区難波1-5-22
営業時間:
月〜金11:30〜14:00、17:00〜23:30(L.O.22:30)/土・日・祝11:30〜23:30(L.O.22: 30)/年中無休
電話番号:
06-6121-2190