劇場に行ったら立ち寄りたい店 ルミネtheよしもと篇

今回のお料理対決

鮮魚のアインシュペナー

鮮魚のアインシュペナー

旨さの秘訣は、上品なバジルクリームソース!築地から直送されてきた新鮮なお魚を、フリット風にカリカリに揚げた自慢の一品。ご一緒に、白ワインもどうぞ。(790円)

プリプリエビのガロファーノソース

プリプリエビのガロファーノソース

旨さの秘訣は、桜色に輝く濃厚ソース!身がプリプリの天然エビを特製ソースで頂く人気メニュー。付け合わせのアスパラガスとのハーモニーも抜群!(690円)

 
今回は"ルミネtheよしもと"の近くの「新宿 個室 European Dining 流響」にレギュラーがお邪魔しました。
――ルミネtheよしもとにも近いこちらのお店は、個室スタイルのアート空間と新鮮な創作料理で、人気急上昇中のお店なんです。
西川:
僕は初めて来たんですけど、トリックアートの絵が部屋ごとに違ってて、お洒落やなぁ~。
――おふたりは、どんな料理が好きなんですか?
西川:
僕はね、こう見えて実はけっこうイタリアンが好きで、特にパスタが大好物なんですよ。
松本:
僕はお魚料理が好きなので、今日は「鮮魚のアインシュペナー」を注文します。築地から直送って言われると、ますます期待が膨らんじゃいますね。
西川:
じゃあ、僕は「プリプリエビのガロファーノソース」にしますわ。初体験のソースだから、どんな味なのか楽しみやわ~。
レギュラー
鮮魚のアインシュペナー(手前)、プリプリエビのガロファーノソース(奥)
――了解しました。では、さっそくお料理をどうぞ。
西川:
うわっ、このエビ、ほんまにプリプリやで!
松本:
ガロファーノソースって、見た目はきれいなピンク色だけど、味はどう?
西川:
これがね、意外に濃厚で、スパイシーなのよ。あっさりしたアスパラガスとの相性も最高やん。
松本:
こっちの鯛も、カリカリに揚がってて、めっちゃおいしいです! おつまみ感覚で、ついついお酒を一杯頼みたくなる一品ですね……と言っても、僕はぜんぜんお酒飲めないんで、想像で言ってみただけですけど(笑)。
西川:
想像かい! いや、でも、言いたいことはわかるわ。バジル風味のクリームソースが上品な味わいだから、白ワインとか、絶対に合うやろうなぁ。
――では、次に来たら、どちらを頼みますか?
西川:
どっちもおいしいけど、より高級感を感じたのは鯛のほうやね。この奥深さは日常では味わえんわ~。
松本:
でしょ? プリプリエビもいいけど、今回は僕のチョイスの勝利です!

WEB限定独占インタビュー

――おふたりは、どんな料理が好きなんですか?
西川:
僕は、こう見えて実はけっこうイタリアンが好きで。特にパスタが大好物なんですよ。見た目だと「和」のイメージが強いんで、意外って思われるかもしれないですけど。
松本:
いや、意外もなにも、世の中のほとんどの人は西川くんの好きな料理が何かなんてまったく気にかけてないと思うけどね(笑)。
――では、おふたりがよく一緒にご飯を食べに行く芸人さんは?
西川:
昔からよく行ってるのは、フットボールアワーの後藤さんと、NON STYLEの井上くんですね。井上は後輩なんですけど、最近は僕らより稼いでるんで、気を遣って、僕におごってくれようとするんですよ。けど、こっちにも先輩としてのプライドがあるじゃないですか……と言いつつ、まぁ、何度かお世話になってしまいましたけど(笑)。
松本:
僕は、次長課長の河本さん。河本さんとは、家族ぐるみのお付き合いをさせてもらってるんです。
――河本さんの「準ちゃん会」は、後輩メンバーの多さで有名ですよね。
松本:
あ、いや、「準ちゃん会」のメンバーは、西川くんのほうなんです。僕はどっちかっていうと、河本さんの「ファミリー担当」。嫁といっしょに、河本さんのお子さんとか、奥さまのメンタルケアを担当している感じなんです……わかりやすく言うと、河本さんが週刊誌に載る回数によって、僕の稼働率も変わってくるってことですね(笑)。
――そういえば、前にこの連載に出てくれたカナリアの安達さんとボン溝黒さんが「東京に出たてのころ、よくレギュラーのふたりにおごってもらってた」と感謝してましたよ。
西川:
カナリアのふたりは同期で、年も一緒なんですけど。特に溝黒のほうは、僕らふたりでトータル100万円以上はおごってるんちゃうかな?(笑)
松本:
まぁ、そやな~(笑)。でも、僕がある時期、仕事がブアッ~と忙しくなりすぎて、心の病みたいになったときがあったんですよ。ホテルの部屋から出られなくなって、しばらく閉じこもってたんですけど、そしたら溝黒くんが心配して駆けつけてくれて、僕が部屋を出るまで、ずっと見守ってくれたんです。ほんまに性格ええ奴やから、こっちもついおごりたくなっちゃうんでしょうね(笑)。
――テレビ番組の企画で1年間暮らした宮古島での食生活はいかがでしたか?
松本:
驚いたのは、僕らの知らない食材がいっぱいあったことですね。たとえばミヤコゼンマイっていう山菜があって、見た感じは普通のゼンマイなんです。でも、食べるとオクラみたいなトロトロ感があって、めっちゃめちゃおいしいんですよ! すぐに鮮度が落ちちゃうから、島の外ではめったに食べられないんですけど、みなさんも現地に行く機会があったら、ぜひ試しに味わってみてほしいですね。
西川:
僕がびっくりしたのは、居酒屋で焼きそばを注文するとね、僕らのイメージだと、ソース焼きそばが出てくるじゃないですか。宮古島では、ナポリタンが出てくるんですよ(笑)。
松本:
そうそう! 麺は宮古そばなんですけどね。
西川:
宮古島では、ラーメンもパスタも焼きそばも、みんな宮古そばを使って作るみたいなんです。僕は大阪出身なんで、麺類だとやっぱりうどんがいちばん好きなんですけど、スーパーに行ってもまったく売ってなくて、その点だけはちょっとつらかったですね。
レギュラー 西川晃啓

レギュラー 松本康太
新宿 個室 European Dining 流響
ルミネtheよしもとより徒歩7分

新宿 個室 European Dining 流響

(シンジュクコシツユーロピアンダイニングナガレノヒビキ)

こだわりの厳選素材を使った創作料理を楽しめる個室ダイニング。ラスベガス出身の有名アーティストが手がけた"トリックアート"が神秘的な夜を演出する。飲み放題付きのお得コースも大人気!

お店の詳細情報を見る
ケータイでお店の情報をチェック!!
住 所:
東京都新宿区新宿3-22-4 モアサンパークビル3F
営業時間:
16:00~01:00、土16:00~05:00/無休
電話番号:
03-5367-1246