劇場に行ったら立ち寄りたい店 なんばグランド花月篇

今回のお料理対決

ヤムウンセン
(タイ風チリソースがけ)

ヤムウンセン(タイ風チリソースがけ)

タイハーブたっぷりのヘルシーサラダ。シンプルながら、食欲を誘うタイハーブがたっぷりで複雑な味が楽しめる、女性に人気のヘルシーメニュー。(980円)

プー・パット・ポーン・カリー
(ワタリガニと卵のカレー炒め)

プー・パット・ポーン・カリー(ワタリガニと卵のカレー炒め)

スパイシーカレーにワタリガニがインパクト大!ほどよくスパイシーなカレーとカニの旨味、卵のまろやかさが絡み合って美味!(1,890円)

 
今回は“なんばグランド花月”の近くの「タイ料理専門店 TAI THAI」に銀シャリがお邪魔しました。
――今回のお店は、女性に大人気のタイ料理です!
橋本:
僕ら、タイ料理好きなんですよ。クセになりますよね。僕は、プー・パット・ポーン・カリーにします。半濁点の多いネーミングがかわいいですし、カニのハサミを見たらピースな気持ちになりますし。
鰻:
僕、最近、いろんな料理に挑戦してる最中なんです。だから今日も、見たことない料理にしようかな、と。このヤムウンセンっていうやつ、お願いします!
――両方、珍しい料理ですね。あ、運ばれてきました!
橋本:
カニは食べるのにいっぱいいっぱいになるから、友達と食べに来たら無言になって「コゥラ!(甲羅)」って怒られるかも。
鰻:
うまい! 僕もちょっと食べさせて。おぉ、これは、旨すぎて口角(甲殻)が上がるな!
橋本:
僕よりうまいこと言うの、やめてくれる? 辛いけどカニの旨味かなぁ。独特の旨みがありますね。やみつきになる味です。
鰻:
僕のヤムウンセンも旨い! 春雨って、あっさりした味付けが多いと思ってたけど、スパイシーな味とか、いろんな味が口の中を駆け抜けていく感じが。
橋本:
どれどれ……(味見)。確かに、淡白な日本の春雨と違って味が複雑。ナンプラーとかパクチーとか、酸味やコクが複雑に絡み合ってるから、全然飽きへん。ずっと食べときたい味やわ。
銀シャリ
ガッパオ・ガイ
――おすすめのタイの郷土料理の、ガッパオ・ガイも用意していただきました。
橋本:
うわ~、これ白飯が止まらへんわ~。
鰻:
このコーナー、二択せなあかんのでしたっけ? 僕、これがええかも(笑)。
――では、もし二人が次回、この店に来るならどちらをオーダーしますか?
橋本:
僕、現在ダイエット中なんで、普段はムシャムシャ食べられるヤムウンセンにしようかな。プー・パット・ポーン・カリーは見た目が豪華やから、特別な日に頼みたい一品ですね。
鰻:
じゃあ僕はプー・パット・ポーン・カリー。カニとカレーが好物なのに、両方が合わさったやつが嫌いなわけないですよ! それにしても、おいしい二択は迷いますねぇ~。

WEB限定独占インタビュー

――おふたりがよく一緒にご飯を食べに行く芸人さんは?
鰻:
僕はジャルジャル・後藤が多いですね。とくに最近、すごい多いんですよ。偶然、お互いひとりのときに、劇場のそばでばったり会うんです。「それなら、飯でも行く?」みたいなことが、最近、めっちゃ続いてますね。
橋本:
僕はけっこうバラバラですね。5upよしもとのメンバーとはよく食べに行きますよ。この間も、吉田たちと祇園、学天即とか。でも、いちばん多いのは基本的にバイク川﨑バイクですね。
――バイク川﨑バイクさんは同期ですもんね。では、最近ハマッている食べ物はありますか?
鰻:
僕はメロンパンです! 移動中にパン屋を見つけたら、立ち寄って買いますね。しかも、小さいメロンパンがいいんです。小さければ小さいほどいい。なんというか、あのカリカリの部分がたまらんのですよね。
橋本:
僕は、いよいよ30歳になったので、そろそろ身体が大事やなと思うようになりまして、駅のジューススタンドの、フレッシュジュースがお気に入りです。野菜と果物が摂れますし。今日の帰りに、ジューサーを買って帰って家でも作ってみようかな、と思ってるんです。
――いよいよ手作りですか! では、何を食べたときに「やっとここまで来れたなぁ」と実感しますか?
橋本:
ざる蕎麦じゃなくて、ざる鴨蕎麦を食べられるようになったとき。やっぱり、鴨を入れるっていうのは大きいですね。ちょっとした蕎麦屋でも、鴨を入れるだけで急に値段が跳ね上がるんですよ。「入れてるぞ、俺は!」って思います。そういうとき、「がんばったかも(鴨)」と思うんです。
鰻:
おぉ!! う~ん、さすがやな。今、僕ちょっと油断してた。こうして油断しているときに橋本にうまいこと言われるの、大好きなんですよ。テンション上がるわ~。
――――テンション上がるんですか(笑)。では鰻さんは?
鰻:
僕は、つけ麺を1日2杯食べたとき。つけ麺、大好物なんですけど、僕からしたら普通のラーメンよりつけ麺の値段ってちょっと高いと思うんですよ。でも、同じ店で同じメニューを1日2杯、食べられたときが贅沢したなぁと思いますね~。
――――では最後に、食べ物に関する思い出を教えてください。
鰻:
僕のおかんは、僕が「おいしい」と言ったら同じ料理を何回も作るクセがあるんです。前に、シジミの鍋を作ってくれたとき「旨い」って褒めたら、1週間連続でシジミ鍋が出てきてしまい……。それで僕、シジミがめっちゃ嫌いになってしまったんですよ。今では貝類すら食われへんようになってしまって。1週間で、一生分のシジミを食べてしまったのかもしれませんね。シジミ、好きやったんで、あの頃に戻ってどうにかしたい……。
橋本:
僕は小学校のときの思い出です。毎週土曜日、近所の中華料理屋さんで、絶対に餃子を食べるのが橋本家の習慣やったんです。僕がいつも頼むのがチャーハンと唐揚げで、おとんが餃子とごはん、きゅうりの漬け物と、頼むメニューもいつも一緒で。でもある日、土曜じゃない日にその中華料理屋さんへおとんとふたりで行ったら、おとんがチャーハンを頼んだんです。そのとき「うわ、おとん、チャーハン食べてる」って思って、めっちゃびっくりしたのを覚えてます。しかも、あと少しで食べ終わるぐらいのタイミングで、チャーハンの上に餃子のタレをスーッとかけたんです。僕、「なんや、その食べ方は!?」とこれまたびっくりして。それからは、餃子のタレをチャーハンにかけて食べるのは、イカしたスタイルと思うようになりました。僕も、今でもたまにやってしまうんですよね。
銀シャリ 鰻

銀シャリ 橋本
タイ料理専門店 TAI THAI
なんばグランド花月より徒歩5分

タイ料理専門店 TAI THAI


(タイリョウリセンモンテンタイタイ)

お店の詳細情報を見る
ケータイでお店の情報をチェック!!
住 所:
大阪府大阪市浪速区難波中2-6-15 ユー・アイビル1F
営業時間:
11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~23:00(L.O.22:30)、
金・祝前日は~24:00(L.O.23:00)、
土・日・祝は11:30~24:00(L.O.22:30)/無休
電話番号:
06-6643-7573