劇場に行ったら立ち寄りたい店 京橋花月篇

重要なお知らせ
よしもとプリンスシアター、京橋花月の2劇場は2011年11月30日をもって営業を終了いたしました。

今回のお料理対決

れんこ鯛のちり蒸し

れんこ鯛のちり蒸し

れんこ鯛一尾と野菜を酒蒸しにした、素材が持っている味を堪能できるひと皿。お好みでポン酢をつけてどうぞ。(1,200円)

お造り贅沢三種盛り

お造り贅沢三種盛り

その日のおすすめの魚が味わえる、お得で贅沢なお造り盛り合わせ。この日はサーモン、ハモ、とろ湯葉のウニ乗せなど8種も!(1,880円)

 
今回は“京橋花月”の近くの「個室・京橋・居酒屋 豆助」にプラスマイナスがお邪魔しました。
――こちらのお店の自慢は、旬素材を使った料理と、京町家の雰囲気をかもし出す店内なのだそうです。
兼光:
個室もあるし、ゆっくりできそうですね~。
岩橋:
実は僕、ついこのあいだ、このお店で両親の還暦祝いをしたんですよ。めっちゃ旨かったです!
――すごい偶然ですね!ではさっそく、どの料理を食べたいですか?
岩橋:
僕ら、食いもんの趣味が似てるから、よくかぶるんですよ……。僕は、お造りの贅沢三種盛りにしよ。
兼光:
じゃあ僕は、れんこ鯛のちり蒸し。
――ではさっそく、食べていただきましょう!
岩橋:
あれ? メニューに三種盛りって書いてるけど、三種以上ありますよね?
店長:
サービスでだいたい八種ぐらい入れてます。
岩橋:
めっちゃお得ですやん!! しかも、サーモンのお造り、旨いです。噛まんでもええぐらい、口の中ですぐとろけますよ~。
兼光:
この鯛、身がしっとりしてる! 魚の肉って熱を通すとポロポロになりがちやと思うんですけど。
店長:
鯛を丸ごと、酒蒸しにしてるんです。
兼光:
だからしっとりしてるんや。身をほぐしたときに肉汁がジュワ~っと溢れてくる。魚の肉でこういう風になるのって、あんまり体験したことがないです。
岩橋:
ちょっと味見させて!!……ほんま、身がしっとりと柔らかいなぁ~。
兼光:
僕もサーモン、食べさせてもらお。うわ、ほんまにとろける!
プラスマイナス
お造り贅沢三種盛り
――次回、ぜひ頼みたいのはどっちですか?
岩橋:
せーの、で言おうや! せーの……!
岩橋・兼光:
お造り!
――かぶりましたね(笑)。
岩橋:
ほんまや(笑)。ひと口目に食べたサーモンに驚いたのと、とろ湯葉のウニ乗せも、濃厚でした!
兼光:
僕もサーモンがすごいびっくりした。ハモも、めっちゃ旨かった~。
岩橋:
店長、また来ますので、僕らのこと覚えておいてくださいね!

WEB限定独占インタビュー

――おふたりの、好きな食べ物を教えてください。
岩橋:
僕ら、好きな食いもんが似てるんですよ。メニューがたくさんある店に行って、注文するメニューがかぶることもしょっちゅう。僕も兼光も、ご飯もの、汁もんが好きですね。僕はとくにカツ丼、大好物です。カツ丼が好きすぎて、家でも作れるように道具屋筋に行って丼用の鍋を買いましたもん。豚肉を揚げて、割りしたも自分で作って。
兼光:
カツ丼、うまいよなぁ。ほんま、似てるわ。じゃあ僕は半チャンセットを挙げます。チャーハン、めっちゃ好きなんです。半チャンセットやったら、ラーメンもチャーハンも楽しめるし、量がちょうどいいでしょ。あと、ポテトサラダも大好物です。一時期、甘いポテトサラダにハマって、家でも甘いやつ作ろうと思って、先生をやってる知り合いに、給食のおばちゃんのポテトサラダのレシピを聞いてもらったことがあります。
岩橋:
お前の実家に行ったら、テーブルに絶対ポテトサラダが置いてあるもんな~。
――おふたりとも、食に関してマメですね! では、よくご飯を食べに行く芸人さんは誰ですか?
岩橋:
僕は、月に1回、ダウンタウンの浜田さんが番組の収録で大阪に来はるんで、そのときに毎回、ご一緒させていただいてます。いつも、高級ホテルの中華料理店とか、普段やったら絶対食べに行けないびっくりするような店に連れて行っていただいてます。この間は生まれて初めて北京ダックをいただきました! あと、東野さんとも一緒に行かせていただいてます。東野さんのときは、僕がアテンドするときが多いんですが、あのかたもグルメですから、おいしいお店、いっぱい知ってはって。感謝してます。
兼光:
僕はたむけんさんが一番多いですね。本も出しはるぐらい、グルメに詳しいので、いろんなところに連れて行ってもらえるんです。毎回、おいしいところに連れて行っていただくんですけど、やっぱり一番うまい店は「炭火焼肉たむら」ですねぇ~。
岩橋:
おまえ、しっかりしてるな~(笑)
――(笑)では、何を食べたら「やっと売れた!」と感じますか?
岩橋:
まだまだですけど、僕は、NGKのそばにある「グリルしき浪」の1,000円するBランチを出前できるようになったこと。ほんで、これまで近寄りがたかったNGKのロビーで、師匠方とゴルフの話とかしながら食べてるときに、「芸人やなぁ」と思います。昔から「グリルしき浪を食べられるようになったら一人前」と言われてるから「あー、やっとここまで来たか」と。今では5upよしもとの楽屋におるより、NGKのロビーにおるほうが落ち着きます(笑)
兼光:
僕は、まだチャレンジしてないんですけど、いつか大好きなチャーハンを残してしまうぐらい頼みたい。残す贅沢というか……。今のところ、いっぱい頼んでもお腹パンパンになるまで食べてしまうので、近々、チャーハン3人前ぐらい頼んでみたいですね。
――チャーハン3人前ですか(笑)。では最後に、食べ物にまつわる思い出を教えてください。
岩橋:
家で肉じゃがを作ってるとき、砂糖を入れて調理せなあかんところを、間違えて塩を入れてしまったんですよ。そしたら、めっちゃ塩辛いのができあがってしまって……。でも、捨てるのがもったいないから、残さずに食べました。そしたら次の日、無性にのどが渇いて、ちょっと脱水症状みたいになってしまいました。お腹いっぱいでも、絶対に残さず食べるようにしてるんです。食べ物を地面にベタッと落としてしまっても、もったいないから水で洗って食べるぐらい。これ、食い意地はってるんじゃなくて、食べ物に対する感謝の気持ちを表してるんですけども。
兼光:
僕、ほんまに食べることが大好きなんですよ。ある日、寝ようと思って深夜の1時頃に布団に入ったんですけど、「明日、何を食べよう……?」と考えたら、楽しみで寝られへんようになってしまって、気が付いたら朝の5時でした。そんな楽しみにしてたのに、次の日、普通のカレーを食べてしもて「しまったー!」と思いました。
岩橋:
こいつ、食べるのもめっちゃ早いんですよ。ロケ弁当も、僕が半分ぐらいしか食べてないのに、もう食べ終わってたり。めっちゃ早食い。
兼光:
「なんで僕、早食いなんやろ?」って考えたことがあるんですけど、僕、何か食べてるとき、一番うまいと感じるのが、のどなんですよ。だから、早くのどに入れたくて。
岩橋:
のど!? のどに味覚、ある? それ、かなり玄人の意見やで!
兼光:
のどごしというか、飲み込みたくてしゃあないから、早く食べてしまうんです。
岩橋:
すごいなぁ。それにしても、僕ら、食の話題はほんまに尽きないですねぇ。
プラスマイナス 兼光貴史

プラスマイナス 岩橋良昌

プラスマイナス
個室・京橋・居酒屋 豆助
京橋花月より徒歩2分

個室・京橋・居酒屋 豆助


(コシツキョウバシイザカヤマメスケ)

お店の詳細情報を見る
ケータイでお店の情報をチェック!!
住 所:
大阪府大阪市都島区東野田町2-6-1 コムズガーデンB1
営業時間:
11:30~15:00、17:00~23:00/無休
電話番号:
06-6882-1232