よしもと芸人がおすすめするグルメ情報!

よしもとぐるなび
よしもとぐるなびHOME > 関西のおいしい店 スペシャル"天津"之巻

関西のおいしい店スペシャル”天津”之巻

カジュアル・チャイニーズ 龍圃小吃館(ロンブ・シャオ・チィ・グゥァン)

今回のタレント 天津

向清太朗

向清太朗

木村卓寛

木村卓寛
天津のプロフィール
カジュアル・チャイニーズ 龍圃小吃館(ロンブ・シャオ・チィ・グゥァン)
中華料理が食べられるお店はこちら

あべのHoop地下にある"けずり麺"が名物のお店です

(今回は『カジュアルチャイニーズ龍圃小吃館 (ロンプ・シャオ・チィ・グゥアン)』さんに天津≠フ二人がお邪魔して、中華料理について熱く語ってもらいます。)

天津・木村  :  ホンマ中華料理って週にいっぺんくらい、めちゃめちゃ食べたくならへん?
天津・向  :  そうやな〜 夏の中華ってエエよな〜 中華好っきやわ〜!まあ、そもそもコンビ名が中華の天津やからな。
木村  :  違う違う! それはお前の風貌がドラゴンボールのウーロンみたいやから、そっから連想してつけたんやないか。人民服着てパンティーかぶってみい〜、そのものやん!
 :  まあ、人民服は似合うわな!でも中華食べる時って、なんかいっつも同じもん頼んでまえへん?
木村  :  わかる!でも天津飯は頼みにくいな〜、なに共食いしとんねん! みたいに思われるやんか。でも確かについつい王道で注文してまうな。
 :  俺はレバニラとか酢豚とか焼き飯とかが多いかな?

(今日は天津のお二人に中華を語ってもらう予定だったのですが、ここでオーナーの前田さんがトークに飛び入り参加する事になりました!)

前田  :  あら、残念ながらレバニラはメニューに無いんですけど、丁度今日は当店の酢豚を食べていただこうと用意してたんですよ。
 :  えっ!そうなんですか? それは楽しみやな〜。
前田  :  酢豚ってなんかお酢のツンとしたイメージがあるでしょ? でもウチの酢豚はもっとも香り良く美味しいと評判の山西省産黒酢を半分くらい使ってるので、香りが全然違うんですよ。
木村  :  へ〜っ!お酢ひとつとっても、ものすごくこだわってはるんですね〜。これは他の料理も期待できるな〜。
 :  そんなにこだわりを持ってはるんやったら、大阪でもココだけっていうような料理とかもあるんですか?
前田  :  エエ質問ですね〜♪ 最近は大阪市内とか神戸の方にも何軒かあるらしいんですけど、8年前に当店がオープンした時には、関西ではここだけにしか無かったという削り麺≠ェメニューに有るんですよ!
オーナー・前田さん
木村  :  削り麺=H ってもしかして、包丁で生地の塊をシュッシュッって削って麺にするやつですか?
 :  あ〜! それテレビで見たことあるわ! なんか塊を削った奴を鍋の中に入れていく技でしょ?
前田  :  それはたぶんウチに取材に来た時の番組やと思いますよ。オープン当時からかなりの取材を受けてましたから。
 :  それでか〜! なんかこの店に入ってきた時、厨房がなんか懐かしい感じがしたんや。
木村  :  嘘つけ〜! まだ厨房は見てへんやんか! エエかげんなこと言うなや!
 :  イヤイヤ、ホンマそんな感じしてん。でも、その技をゼヒ見していただきたいんですけど…
前田  :  モチロンいいですよ♪ でも、厨房に入っていただいても構わないんですけど、ウチは厨房にショウウィンドウがあって外からの方が良く見えるようになっているんですよ
木村  :  へ〜! そんならひとつのショーになってるんですね。それにしても、そもそもなんであんな技を使って麺を作るんですか? 普通に麺生地を伸ばして包丁で切った方が簡単にいっぱい作れると思うんですけど?

低カロリーでヘルシーかつ美味しい中華料理ならココ!!

前田  :  それは普通の麺を打とうと思ったら、平らなちゃんとした場所と結構なスペースが必要なんですよ。でも昔の戦場とかやったらそんな場所なんか無いじゃないですか? そこで考えられたのが鍋と包丁があったらその場で直ぐにできる削り麺≠ネんですよ。
 :  なるほど〜!削り麺≠ヘ携帯麺の走りやったんですね! カップ麺の元祖みたいなモンか?
木村  :  それはちょっと違うやろ! でも、あんな塊持ってても食べモンとは思えないですよねぇ? それを包丁で細く削って麺にして食べてしまうなんて、昔の中国の人は賢いですね〜。
前田  :  それでは、お二人に食べていただく削り麺≠作る所を見てもらいましょうか。今、ウチの店で麺を削っているのは、中国から来ていただいてる李銀花(リー・インファ)さんて女性の方なんですよ

(ここで天津の二人は店の外に出て削り麺≠フ技を見せてもらう事に・・・)

木村  :  うわ! メッチャ速い! 麺が飛んでるのが良く見えへんくらいやなぁ。削った麺が鍋に入るまでに3本くらいは宙を飛んでる感じや!
 :  ホンマやぁ〜いっぺんやってみたいけど、俺なんかがやったら塊ごと鍋の中に落としそう!
前田  :  いや、そのとおりで初めてやる人は結構塊ごと鍋に落とす人が多いですよ〜。重いし、包丁が深く入ってそのままズルッっていってしまいますねぇ。
 :  うわ〜もうガマン出来へん!俺このロケのために、今日は昼メシしか食べてないねん。
木村  :  昼飯しか食べてないって、そんなん別に普通やないか! いま何時やと思うてるねン!
 :  細かいこと言うなや。そんだけ美味しそうってことやないか。

(ここで、一旦お食事タイムでトークはお休み)

木村  :  いや〜♪ホンマに美味しかったですわ〜。けずり麺≠チて、腰のあるモチっとした部分と、つるんとした部分が混在してて独特の食感がなんともエエですねぇ。
前田  :  気に入っていただけて光栄です♪ 食後のデザートもオススメがあるんですよ。杏仁豆腐はご存知ですよね?
 :  杏仁豆腐ぐらい知ってますよ。牛乳寒みたいなヤツでしょ?

(ここで一口食べて)

杏仁豆腐
木村  :  え〜! これが杏仁豆腐ですか!? 今まで食べてたんはなんやったんやろ?食感もまったりしてなめらかやし、香りも全然ちがいますね!
 :  ホンマや! 全然チャウ!フルーツも入ってへんし、シロップもないし、トロリとして美味しいな〜。イヤ〜今日は美味しい料理を沢山ありがとうございました。 龍圃小吃館オススメですよ! それでは、また来週〜♪
木村  :  来週は無いし、なに勝手に終わらせてんねン!!
カジュアル・チャイニーズ 龍圃小吃館(ロンブ・シャオ・チィ・グゥァン)
カジュアル・チャイニーズ 龍圃小吃館(ロンブ・シャオ・チィ・グゥァン)
関西で初めてけずり麺(刀削麺)を始めたお店です。安心、安全、ヘルシー!な中華をどうぞ!

詳細はこちら

龍の隠れ家をイメージした店内は、お洒落で独特な雰囲気。楽しさが益々アップすること間違いなし。また、ヘルシーなキャノーラ油を使用し、なるべく薄味での仕上がりで、素材の味を生かした本格中華をリーズナブルに楽しめます。

住所  :  大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-30 あべのHoop B1
営業時間  :  ランチ 11:00〜16:00
飲茶タイム 15:00〜17:00
ディナー 16:00〜23:00
休日  :  無休
電話番号  :  06-66262376

よしもとぐるなびHOMEへ